美人営業〇〇が、2回目登場❢

美人営業〇〇が、2回目登場❢

       

写真データの整理をしてたところ、

柳宗理記念デザイン研究所の写真が出てきたので

今回は、柳宗理氏についてご紹介したいと思います。

 

 

柳宗理といえば、一般的にはキッチン用品や家具インテリアなどの

デザイナーとしてよくご存知の方も多くいらっしゃると思います。

 

 

柳宗理(1915-2011)は戦後日本のデザイン界を牽引してきた

代表的なインダストリアルデザイナーです。

 

金沢にある柳宗理記念デザイン研究所は、柳氏が長年教鞭をとられた

金沢美術工芸大学の付属施設となっていますが、

誰でも入館することができます。

 

数台ですが、駐車場もありアクセスは便利でした。

 

施設内には、数多くの資料や、作品が展示されています。

実際にバタフライチェアなどの家具や作品に触れることもできて、

柳宗理の世界をゆっくりと楽しむことができます。

 

柳宗理ファンの方にはおススメのスポットです。

 

 

私が行ったときは、「歩道橋計画案」に関する企画展示が行われていて、

柳氏の歩道橋の設計図面を数多く見ることができました。

 

歩道橋の架構のバリエーションが豊富で、恰好良いデザインや

ユニークなデザインが数々あり、大変見ごたえありました。

 

手掛けてこられた作品は、プロダクトの幅が広く、

自動車のデザインはもちろん、東名高速の防音壁や、トンネルまで

設計デザインされていたこと、その多才さに驚きました。

 

 

 

柳宗理「デザイン考」から、以下抜粋です。—————————

 

 

よく売れるものは良いデザインであるとは必ずしも言えない。

また、良いデザインは必ずしもよく売れるとは限らない。

 

良いデザインは優れたデザイナーのみでは生まれ得ない。

 

本当のデザインとは流行と戦うところにある。

 

伝統は創造のためにある。伝統と創造を持たないデザインはあり得ない。

 

デザインは社会問題である。

 

デザインの創造とは、表面上のアピアランスの変化ではない。

 創意工夫をもって内部機構を改革することである。

 

本当の美は生まれるもので、つくり出すものではない。

 

デザインの構想は、デザインする行為によって触発される。

 

デザインは一人でするものではない。

 

企業者は何よりもプロダクトマンシップを持っている人でなければならない。

 

 

  引用抜粋:柳宗理「デザイン考」より—————————

 

 

<施設情報>

柳宗理記念デザイン研究所 石川県金沢市尾張町2丁目12番1号

1

2 3

◆豊中・伊丹・尼崎で外壁・屋根塗装ならペイントワンにお任せください!
https://www.paint1.net

◆Instagramも始めました!フォローして最新情報をお届けします♪
https://www.instagram.com/tagakoumuten/

記事一覧に戻る

多賀工務店