<ワンダーパーティションの使い方例>お孫さんの落書きスペース

<ワンダーパーティションの使い方例>お孫さんの落書きスペース

こんにちは!多賀工務店です。

リビングのリフォームに強い多賀工務店では、ご家族全員にとって居心地のよいリビングを作るために、ワンダーパーティションを用いた空間作りを提案しています。

ワンダーパーティションは、大掛かりな内装工事をしなくても、簡単に空間にメリハリを作ることができるアイテム。壁のように完全に仕切らないため、家族の気配を感じながらも、独立した自分だけの時間を過ごすことを可能にします。

6-1

 

そんなワンダーパーティションは、実は空間を仕切るだけではなく、他にもさまざまな使い方ができるんです。

 

本日は、お孫さんが遊びにきたときの活用方法をご紹介しましょう!

 

◆お孫さんが遊びにきたときには・・・

ワンダーパーティションのパネル部分を、落書きスペースとして活用することができます。壁に絵や文字を描くことは、普段はなかなかできない遊び。画用紙の何倍ものキャンバスに、自由にお絵かきを楽しめます。

他にも、お手紙や折り紙などの作品を貼るのも良いでしょう。お孫さんが来るたびに作品が増え、思い出と成長を楽しむことができますよ。

 

※ワンダーパーティションは、支柱に装飾パネルをはめ込んで設置するため、用途に応じて自由にデザインを選べます。

 

ワンダーパーティションの活用方法は、他にもいっぱい。今後も活用方法や活用事例をご紹介していきますので、ぜひみなさんのリフォームの参考にしてくださいね!

6-2

◆豊中・伊丹・尼崎で外壁・屋根塗装ならペイントワンにお任せください!
https://www.paint1.net

◆Instagramも始めました!フォローして最新情報をお届けします♪
https://www.instagram.com/tagakoumuten/

記事一覧に戻る