災害シーズンに備えて

災害シーズンに備えて

       
塗装の千秋です。
 
二年前は大地震に風台風、大雨…と、連続で災害に見舞われた大変な年でした。
その時、塗装職人として感じたことは、屋根と外壁を塗装しておくことで、
被災の限度を軽減できる面も確実にある、ということです。
 
屋根に関しては、劣化してきた部分や屋根材を固定している釘を含めて
しっかりと塗装することで、強風で屋根材が飛ぶ被害や雨漏りの予防になります。
 
壁の場合は小さなクラックをしっかり塗装で塞ぐことで、
雨水の侵入やめくれを予防し、躯体全体の劣化を防ぐ手立てとなります。
 
外観も見違え、遮熱効果も高めることもできますので、
次の災害が来たら・・・と憂慮されている方には、
ぜひこの時期にご相談いただければと思います。
 
塗装チーム:打合せ風景
 
—————————————————————————————————————-

◆豊中・伊丹・尼崎で外壁・屋根塗装ならペイントワンにお任せください!
https://www.paint1.net

◆Instagramも始めました!フォローして最新情報をお届けします♪
https://www.instagram.com/tagakoumuten/

記事一覧に戻る

多賀工務店