11月22日は「大工の日」

11月22日は「大工の日」

       

多賀工務店多賀です。

このブログを書いているのは、11月22日です。

 

 

良い夫婦の日。

コロナ禍で家族で過ごす時間が増えて、

夫婦仲が良くなったという人は、

悪くなったという人の3倍だそうです。

 

ウチはどうかなー?(笑)

 

しかし、11月22日はもう一つ大切な日でもあるのです。

 

工務店であり、大工の私としては、とても大切な日。

 

そうなんです!!

11月22日は、『大工の日』なんです!!

 

その理由は、

 11月が「技能尊重月間」であること、

 「十一」を組み合わせると「士」となり「建築士」にふさわしいこと、

 22日は大工の神様とされる聖徳大使の命日(622年2月22日)であること、

 「11二二」を組合わせると、11は日本の柱を表し、

 二は土台と梁(あるいは桁)を表して軸組の構造体となり、

 11月22日が大工との関係が密接であることから

 

だそうです。

聖徳太子といえば昔はお札の定番でしたね。

 

 

日本のお札に最も登場した聖徳太子ですが、

大工の神様とも言われています。

 

その昔、大工の三種の神器の一つ、

差金を日本に広めたのは聖徳太子だそうです。

 

 

また、法隆寺をはじめ、多くの建設の際、

職人育成の仕組みも考えたそうです。

 

私達の大師匠な訳ですね。

 

 

本日が大工の日だと教えてくれたのは、

今日が結婚記念日の私の家内でした(笑)

 

大工になって約30年。

結婚25年目にして、まさかの『大工の日』を知る!!

 

今日は良い日になりそうです。

 

——————————————————————————————-

 

 

◆LINE 多賀工務店公式アカウント
多賀工務店のイベントやお得な情報などをお届けいたします。 LINE

◆豊中・伊丹・尼崎で外壁・屋根塗装ならペイントワンにお任せください!
https://www.paint1.net

◆Instagramも始めました!最新情報を更新していますので、是非ご覧ください♪
https://www.instagram.com/tagakoumuten/

記事一覧に戻る

多賀工務店